ピックアップROOM特別編 編集部のROOMチェック! Part1

これまで、PEOPLEでは、写真の撮り方やモノ選び、言葉での伝え方など、
ROOMをもっと楽しむためのコツをプロフェッショナルの方にうかがってきました。
今回は、編集部がみなさんのROOMをのぞいて、
どんなふうにmy ROOMを魅力的に見せているのか、ROOMチェックしました!

やっぱり撮りおろし写真は目にとまる!
(がき さんの ROOM)

上手い下手ではなく、どこか雰囲気が醸し出されていたり、商品を取り囲む空間にセンスやスタイルが垣間見えたりして、撮りおろし写真は目を引きます。がきさんのROOMはまだアイテム数も少ないのですが、実際に使っているアイテムや購入したアイテムを撮りおろしで紹介しています。おそらくスマホで撮影されていると思うのですが、アプリを使ってアイテムがひき立つような写真の雰囲気を演出していてGOOD!! これからも、ご自身の写真でぜひmy ROOMを盛り上げてください。
がき さんの ROOMhttps://room.rakuten.co.jp/naoya0607/

シンプルでぬくもりのあるアイテムがずらり
(ユーナル さんの ROOM)

セレクトショップみたいに、ROOMにもオーナーの「らしさ」や「特徴」が感じられるセレクトが並んでいると、フォローして定期的にチェックしたくなるもの。ユーナルさんのROOMには、暮らしに役立つ、そしてあると気分の上がりそうな雑貨や、ナチュラルでシンプルなファッションアイテムが並んでいて、あれもこれも「コレ!」したくなってしまいます。ママさんらしい視点とかわいいもの好きの女子視点がちょうどいいバランスなROOM。このシーズンにぴったりのぬくもりアイテムにも注目です。
ユーナル さんの ROOM:https://room.rakuten.co.jp/umebosi/

へえ!と思わず言いたくなるリアルなコメント
(cherrish さんの ROOM)

やっぱり「いいね」とか「コレ!」をクリックするという行動を起こさせる最後の一押しをするのはやっぱり言葉。cherrishさんのコメントは、素直な感想がストレートに書かれていて、「へえ!」「分かるゥ!」とっても共感しやすい。特に、「手や顔をしっかり潤して残りを髪の毛触っておけばツヤツヤしっとり。つけ過ぎ×で!」など、ご自身の実体験に基づいておすすめの化粧品やギフトは、とっても参考になります。クチコミってやっぱり本当に強いなあ、と改めて感じます。
cherrish さんの ROOM:https://room.rakuten.co.jp/cherrish/

ひとつのジャンルに特化して専門店に
(紅孔雀 さんの ROOM)

こちら紅孔雀さんのROOMはずらりと和装のアイテムがならぶ、「専門店」。最近は洋服感覚で和装を楽しむ方も増えていますが、自分の好みや欲しいものとマッチしたROOMを見つけると、これは!と気分も上がります。ですから、my ROOMに個性をつくるために、なにかひとつのカテゴリーに絞り込んだモノ選びでROOMを飾っていく、というのもひとつの手。たとえば、食ならスイーツ、ファッションなら靴など、自分がいちばん「好き!」と思うものに特化したROOM作りも面白いのではないでしょうか。
紅孔雀 さんの ROOM:https://room.rakuten.co.jp/benikujaku/

話しかけられている気にさせられる熱弁コメント
(「あきっと」の癒し部屋! さんの ROOM)

少ない言葉でストレートに感想や実体験を述べて共感を呼ぶコメントの一方、しっかり語って説得する、というコメントもアリ。「あきっと」の癒し部屋!さんのROOMのコメントはどれもこれも読み応えのあるものばかり。見ている人に質問したり、「……ですね!」と語りかけたり、おしゃべりしているようなコメントに「私も気になる~!」と、ついつい「いいね」や「コレ!」したくなってしまいます。
「あきっと」の癒し部屋! さんの ROOM:https://room.rakuten.co.jp/akit1974/

my ROOMの“飾り方”にはそれぞれの工夫があります。自分が一番得意な方法、一番取っ付きやすそうな方法、あるいはとにかくいろんな工夫をやってみながら試行錯誤……。いろんな人のROOMをちょっとライバル目線でチェックして、自分のROOMの作り方のヒントを見つけてください。

おすすめ記事

オフィシャルROOMアカウント